病院の待合所の画像

就職先に人気な大学病院

国立大学の大学病院は医療従事者にとって人気の職場です。

様々な問題に対処できる力が身につき、人も多いため広いコミュニティーになりストレスが溜まりにくい傾向にあります。

よって職場満足度では個人病院より評価がいいことが多いです。

ここに就職するためには簡単なテストと面接がほとんどの場合課せられます。

しかしテストは国家試験に受かるだけの力があるかを見るためであり、ほとんどが面接で決まるとも言われています。

現在医療関係の資格は人気で地方の国立大学でも様々な専攻があります。

しかし医療の発展に伴い国家試験も難しくなる傾向にあるため、誰でも取れる易しい資格ではありません。

逆に言えば、国立病院で勤めるチャンスが2回あることもあります。

1回目は正規の採用である6月から9月頃に行われるものと欠員補充のため5月頃にチャンスがある場合もあります。

2回目の場合ほとんどの方は就職が決まっているため、倍率が低く、また、病院側としても採用したいためハードルが低くなることもあります。