病院の待合所の画像

地域に密着した一般病院の診療内容

地域に密着した一般病院は、ベッド数が100から200程度の中規模の病院のケースが多いです。

そのために比較的症状の軽い患者から、中程度の患者までを中心に受け入れています。

そして症状の重い患者については、地域の拠点となる病院と連携しながら治療を行っています。

地域の一般病院に設置されている代表的な診療科は内科や外科であり、入院を伴う治療や手術が必要な患者にも対応しています。

また通いやすい場所に立地しているので、高齢者が日常的に通院するケースも多いです。

特に高齢者は複数の慢性疾患を抱えている場合が多いので、リウマチや狭心症などで複数の診療科を受診するケースも多いです。

そのために地域に密着した病院では、複数の診療科が連携しながら、患者の治療を行っています。

特に検査データを複数の診療科で共有して、円滑に患者の治療を行っている点が特徴的です。

また救急指定されている一般病院も多く、特に症状が軽い患者を中心に、1日当たり数名程度受け入れるのが一般的です。

そして救急患者に対応するために、専門の医師を確保する医療機関も多いです。

また高齢化に伴って、在宅医療の分野に進出する医療機関も増えています。

特に豊富な医師や看護師などの医療スタッフを抱えているメリットを生かして、施設への訪問も積極的に行っています。

そして老人ホームの入居者が病気になったときには、施設と連携しながら治療と回復に向けたサポートも行っています。

私を救った町のお医者さん

私事ですが、7年前に出産して以降、手首の痛みに悩まされて参りました。周囲から「産後は赤ちゃんのお世話で体が痛くなるもの」と聞いていた為、抱っこによる腱鞘炎...もっと読む