病院の待合所の画像

大学病院の様々な役割とは

大学病院は高度な治療を行うだけではなくて、研究や教育も行っている点が特徴的です。

特に手術が必要な患者の治療を積極的に行っており、周辺の病院からの紹介患者も積極的に受け入れています。

とりわけ治療実績が多いのがガンの手術や心臓疾患や脳疾患の手術であり、手術後の患者の社会復帰に向けたサポートも意欲的に行っています。

また大学病院には様々な専門外来もあり、症例の少ない病気であっても適切な治療が受けられます。

最近では中高年に特有の病気への対応にも積極的であり、生活習慣病の治療のための専門外来を設置する病院も多いです。

特に内科では糖尿病外来を設置する医療機関が多く、管理栄養士と連携しながら治療と生活指導の両面でサポートをしています。

また24時間体制の救急医療にも特徴があり、重度の患者を中心に専門の医療チームが高度な治療を行っています。

特にスピーディーに応急処置を行う点が特徴的であり、患者の生命を救うことを最優先にした医療活動を行っています。

また大学病院は認定医や専門医の研修施設に指定されているので、若手医師の教育でも重要な役割を果たしています。

特に様々な疾患の診断方法と治療方法が学べるので、20代や30代のドクターがスキルアップで役立てています。

また医師だけではなくて、看護師の教育でも大きな貢献をしています。

特に認定看護師の資格取得を目指す看護師が多く、病院内の研修や勉強会にも積極的に参加しています。