病院の待合所の画像

公立病院の求人情報の探し方

看護師や医師が転職先を探すときには、公務員待遇で働ける公立病院は魅力的です。

医療系の求人サイトでも公立病院の採用情報について調べることは可能ですが、自治体のウェブサイトの最新情報をチェックするのが、良い仕事を見つけるための近道です。

特に看護師の場合には、手術室勤務の経験がある場合には、採用されるチャンスが多くなります。

その背景としては即戦力として活躍できる、中堅からベテランの看護師を求めている公立の医療機関が多いことがあります。

また公立病院が積極的に求めている医師としては、小児科や循環器科などの専門医を挙げることができます。

子育て支援に積極的な地方自治体が増えているので、公立の病院でも小児科を強化する動きが活発になっているからです。

また高齢者の人口比率が高まりつつある地方自治体では、高齢者の健康管理にも積極的に取り組んでいます。

したがって心臓疾患や生活習慣病の診療経験が豊富な医師であれば、能力に応じて1200万円以上の年収で採用してもらえます。

また医師や看護師以外にも、様々な職種を募集している病院も着実に増えています。

特に薬剤師や管理栄養士は患者をサポートする意味で、とても重要な役割を持っています。

入院患者の服薬指導の経験が豊富な薬剤師であれば、転職によって年収アップも実現できます。

管理栄養士の場合には糖尿病外来をはじめとして、様々な症状の患者に対して的確な生活指導ができる人材が求められています。

就職先に人気な大学病院

国立大学の大学病院は医療従事者にとって人気の職場です。様々な問題に対処できる力が身につき、人も多いため広いコミュニティーになりストレスが溜まりにくい傾向...もっと読む